ふるすたっくえんじにあっぽい人の日記

ASP .NET MVC (C#)、.NET Framework、iOS (Objective-c) アプリ、Androidアプリ (Java)、AWS、たまにLAMPとかプロジェクトマネジメントあたりのお話

【VR】【Oculus Rift】【Unreal Engine 4】【C#】開発環境構築2016/01版

今年からVR入門しました。
とゆーわけで開発環境構築でも書きましょうかね。

Windows10 + Oculus Rift + Unreal Engine 4 + Visual Studio Community 2015です。開発はC++ですね。はい。

こいつらはインストール済ませておいてくださいねー。

Unreal Engine 4.10.2
Visual Studio Community 2015

なお、Oculus Rift持ってないので実機の動作は未確認でございます。

ではスタート。

1.Oculus Runtimeインストール

https://developer.oculus.com/downloads/

Oculus Runtime for Windows V0.8.0.0-beta
をダウンロードして
oculus_runtime_sdk_0.8.0.0_win.exeを実行してちょ。

2.Pluginチェック

Epic Games Launcherを起動します。
んで、左上にあるUnreal Engineの起動ボタンポチッと。
f:id:devdevdev:20160117033353p:plain

新規プロジェクト→C++→基本コードを選択。
設定はそのままフォルダと名前を指定して、「プロジェクトを作成」をポチッと。
f:id:devdevdev:20160117033549p:plain

しばらく待つとUNREAL EDITORとVisual Studioが起動します。
Visual Studioはまぁ置いときましょう。

メニューバーからEdit→Pluginsを選択
f:id:devdevdev:20160118231026p:plain

Virtual Reality→Oculus RiftのEnabledにチェックついてるのを確認しましょう。
ちなみにデフォルトでついてました。
f:id:devdevdev:20160118231255p:plain

3.実行
PlayからVR Previewを選択しましょう。
Oculus Runtimeのバージョンがあってなかったり、デバイスが接続されてないと押せないみたいです。

以上。